工場紹介Plant Introduction

工場紹介

2拠点4工場体制で、圧倒的な生産能力とフレキシブルな生産体制を誇ります。

2019年に関東工場を竣工しドリンクラインを日産240万本に増強しました。また同年に日産15万袋のパウチ製品の生産が可能な第3工場を竣工しました。ハイスピード&ハイクオリティをモットーに、DAIDOの生産力は日々進化を遂げています。もちろん、高品質を支える検査にも力を注ぎ、さまざまな最新機器を導入。常に品質にこだわる姿勢と最新設備の融合により、お客様の満足を確かなものにしています。

受託品目一覧

受託品目一覧

容器の種類 受託ロット
びんびん 20ml 135,000本〜
30ml 50,000本〜
50ml 60,000本〜
100ml 60,000本〜
炭酸入りびん炭酸入りびん 100ml 480,000本〜
150ml 320,000本〜
パウチパウチ 100g 60,000袋〜
150g 70,000袋〜

工場一覧

第1工場

第1工場

ミニドリンク剤を主体に生産

  • 生産能力:日産100万本
  • 生産ライン(3ライン)
    20mL・30mL・50mL・75mL・100mL・120mL

第2工場

第2工場

100mLドリンク剤を主体に生産

  • 生産能力:日産70万本
  • 生産ライン(1ライン)
    80mL・100mL・150mL・260mL 

第3工場

第3工場

パウチ製品を生産

  • 生産能力:日産15万袋
  • 生産ライン(1ライン)
    100g〜200gパウチ製品

関東工場

関東工場

東日本の拠点として50mL、100mLドリンク剤を生産

  • 生産能力:日産70万本
  • 生産ライン(1ライン)
    50mL・100mL
PAGE TOP